市場ニュース

戻る
2016年01月14日14時21分

【市況】国内調査機関、日経平均は米FOMCを視野に1万8000円を目指した自律反発の展開

 TIWでは、日経平均は妥当レンジ下限近辺まで下落しているため、短期的に反発する水準と指摘。それでも、予想業績の下方トレンドが予見される中、上昇余地は大きくないとみて、当面は次回の米FOMC(27日)を視野に1万8000円を目指した自律反発の展開が続くと解説。

 人民元安と原油安が今後も市場のかく乱要因になるとの見方を示している。
《MK》

株探ニュース



最終更新日:2016年01月14日 15時07分

【関連記事・情報】

日経平均