市場ニュース

戻る
2016年01月14日10時22分

【経済】新興国、「低成長の現実」に直面=ラガルドIMF専務理事


国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事はこのほど、新興国が過去数年の高成長を経て、現在は低成長の現実に直面していると発言した。新興国の成長率低下に伴い、世界の金融市場の不安定リスクが一段と高まると警告した。

専務理事は、現在の成長ペースから計算すると、新興国の所得増加率が10年前に予想した増加率の3分の2まで鈍化するとの見方を示した。また、新興国の成長率が1%鈍化した場合、これが先進国の成長率を0.2%押し下げると予測した。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均