市場ニュース

戻る
2016年01月13日16時20分

【特集】ラクーン Research Memo(8):16/4期の配当金は実質増配を予定している


■株主還元策について

株主還元策として、ラクーン<3031>は将来の事業展開と経営体質の強化に備えるための内部留保の充実等を勘案しながら、業績を反映した水準で利益還元を実施することを基本方針とし、配当性向20%を目安とした配当を実施している。2016 年4 月期の配当金に関しては前期比実質0.73円増配の3.00円(配当性向19.9%)を予定している。今後も収益拡大に応じた配当成長が期待される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《RT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均