市場ニュース

戻る
2016年01月13日13時37分

【材料】浜松ホトニクスが8日ぶりに買い優勢、強気投資判断を足場に押し目買い

ホトニクス 【日足】
多機能チャートへ
ホトニクス 【日中足】

 浜松ホトニクス<6965>が8日ぶり反発、3000円大台近辺で売り物をこなしている。同社は光技術で世界の最先端を走り、光電子増倍管、レーザーなどを展開。国内外で医療分野や半導体分野で幅広く需要をとらえている。

 昨年末から年明けにかけて複数の証券系調査機関から強気の投資判断が相次いでおり、全体相場波乱に巻き込まれて大きく水準を切り下げた時価は値ごろ感からの買いを誘っている。そのなか、8日付で同社の投資判断を「アウトパフォーム」継続とした東海東京調査センターでは、同社の光電子増倍管が不可欠な高エネルギー・素粒子関連の実験計画が世界で目白押しであることや日本人研究者のノーベル賞受賞の記憶も新しいことから、PER は拡大の余地があると指摘している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均