市場ニュース

戻る
2016年01月13日09時28分

【材料】コーナン商が急反発、夏・秋季節商品好調で16年2月期営業利益予想を上方修正

コーナン 【日足】
多機能チャートへ
コーナン 【日中足】

 コーナン商事<7516>が急反発している。12日の取引終了後、16年2月期の単独業績見通しについて、売上高を従来予想の3009億4000万円から3017億5000万円(前期比2.7%増)へ、営業利益を120億3000万円から129億円(同9.0%増)へ上方修正したことが好感されている。7~10月に季節商品の好調があり売上高を押し上げたことに加えて、経費抑制効果が寄与したとしている。ただ、収益性が低下している店舗について、減損損失を計上したことから、純利益は58億円から54億円(同2.6%減)へ下方修正した。

 同時に発表した第3四半期累計(15年3~11月)決算は、売上高2293億6800万円(前年同期比3.1%増)、営業利益116億7300万円(同14.2%増)、純利益50億1800万円(同横ばい)だった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均