市場ニュース

戻る
2016年01月08日09時21分

【市況】日経平均は205円安でスタート、欧米株安やファーストリテの下落も重しに/寄り付き概況


日経平均 : 17562.23 (-205.11)
TOPIX  : 1442.85 (-15.09)

[寄り付き概況]

 日経平均は続落して始まった。中国経済への懸念が強まり欧州株が全面安となったことや、7日の米国市場ではNYダウが一時400ドルを超える下落となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比90円安の17570円であり、これにさや寄せする格好から始まった。また、ファーストリテ<9983>が決算が嫌気されて6%安で寄り付いたことも日経平均の重石となった。なお、本日は1月限オプションのSQ算出日で、SQ概算値は市場推計で17420.01円。

 セクターでは33業種全てが下げており、海運、証券、ガラス土石、医薬品、小売、繊維などの弱さが目立つ一方で、情報通信、石油石炭、水産農林、精密機器、機械、その他製品、不動産などは小幅な下げに。売買代金上位では、ファナック<6954>、京セラ<6971>、東エレク<8035>、ブリヂストン<5108>が堅調。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均