市場ニュース

戻る
2016年01月07日09時12分

【材料】4℃ HDが売られる、第3四半期営業利益2%増も進捗率6割弱

4℃ホールデ 【日足】
多機能チャートへ
4℃ホールデ 【日中足】

 4℃ホールディングス<8008>が売られている。同社は6日取引終了後、16年2月期第3四半期累計(2015年3月~11月)の連結決算を発表したが、売上高は362億9900万円(前年同期比1.1%増)、営業利益は33億7600万円(同2.2%増)、最終利益は22億7100万円(同0.7%減)だった。販促活動を強化したブライダル品や宝飾品、革小物が好調に売り上げに貢献した一方、アパレル部門は天候不順の影響などもあり苦戦した。

 通期業績予想は従来見通しを据え置いており、売上高525億円(前期比3.5%増)、営業利益58億円(同6.1%増)、最終利益41億円(同12.6%増)を見込んでいる。ただ、第3四半期時点の通期予想に対する進捗率は、クリスマス商戦が反映されていないとはいえ、営業利益ベースで58%にとどまっていることから、売りが優勢となった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均