市場ニュース

戻る
2016年01月06日13時25分

【材料】芙蓉総合リース---診療報酬・調剤報酬債権流動化サービスの拡大に注力、12月には千葉興行銀行と業務提携

芙蓉リース 【日足】
多機能チャートへ
芙蓉リース 【日中足】


芙蓉総合リース<8424>は「診療報酬・調剤報酬債権流動化サービス」(以下、本サービス)により医療分野での取り組みを強化している。12月10日には、本サービスについて、千葉興業銀行<8337>と「ビジネスマッチング契約」を締結し、業務提携したことを発表している。

本サービスは、同社が顧客の診療報酬債権等を譲り受けることで、顧客の資金化に要する期間を短縮することを可能とするもの。この業務提携により、同社は千葉興行銀行から紹介を受けた顧客へ本サービスを提案することが可能になる。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均