市場ニュース

戻る
2016年01月06日13時01分

【市況】13時時点の日経平均は前日比229.88円安、北朝鮮水爆実験で石川製が買われる


13時時点の日経平均は前日比229.88円安の18144.12円で推移している。北朝鮮による水爆実験実施が影響して、ランチタイムの225先物は約3ヶ月ぶりに18000円台を割り込むなど先物主導の地合いに。後場の日経平均は18064円まで下げ幅を拡大したが、18000円台割れは今のところ回避されている。

業種別では33業種すべてが下げており、鉱業、石油・石炭、その他製品、保険、その他製品きつい下落となっている。売買代金上位では全般軟調ななか、短期資金が向かいラクーン<3031>、さくら<3778>が堅調な推移。また、北朝鮮の水爆実験を受けて、石川製<6208>など防衛関連の一角も買われている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均