市場ニュース

戻る
2015年12月30日17時50分

【経済】米中古住宅市場は2016年も異状なしか?


 市場関係者の間では、雇用情勢の改善は中古住宅価格を下支えする一因との見方が多いようだ。販売に対する在庫比率が高まっていないことから、中古住宅価格は当面堅調に推移するとの声も聞かれている。

 ただし、2016年は4回の利上げが行われる可能性がある。市場関係者の間では、利上げの影響が住宅市場に及ぶのは早くても来年3月以降になるとの見方が多いようだが、金利上昇の影響は予測困難との声も聞かれている。

 利上げ幅が最終的に2%程度にとどまれば、大きな問題にはならないとの指摘もあるが、将来的に住宅市場が想定を上回る金利上昇に直面する可能性は排除できないため、利上げの影響については慎重に評価する必要がありそうだ。
《MK》

 提供:フィスコ

日経平均