市場ニュース

戻る
2015年12月30日12時08分

【為替】東京為替:ドルもみあい、年末年始休暇控え薄商い


30日の東京外為市場で、ドル・円はもみあう展開となった。年末年始休暇を控え薄商いのため、値幅は限定的。


ドル・円は朝方に120円44銭を付けた後、仲値にかけてドルが買われ、一時120円58銭まで上昇した。その後は様子見ムードが強まった。


ランチタイムの日経平均先物が上げ幅を縮小しているが、具体的なドル売り材料が提供されない場合、アジア市場でドルが120円を下回る可能性は低いとの見方が増えている。

ここまで、ユーロ・ドルは下げ渋り、1.0920ドルから1.0932ドルで推移。また、ユーロ・円は堅調推移、131円53銭から131円76銭で取引された。


【要人発言】
・米軍準機関紙「米星条旗」
「国と沖縄県の法廷闘争により、計画の将来は裁判所の手に委ねられている」

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均