市場ニュース

戻る
2015年12月29日13時48分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民主・原口議員:政府から実際の合意文書を取り寄せ説明を受けます


民主・原口議員は「2015年12月28日ソウルにおいて日韓両国で合意されたとされる内容は、日韓請求権協定との関係をどう説明するのか。政府から実際の合意文書を取り寄せ説明を受けます。外交文書の中には紛争と苦難を乗り越えて和解に至った結果であるものも少なくありません。説明を受けた上で議論を進めます。」とツイート(12/29)

日韓両国が慰安婦問題で合意したことについて、ライス米大統領補佐官は「米国は合意とその完全な履行を支持し、この包括的解決が国際社会に歓迎されるべき、癒やしと和解の重要な意思表示であると確信している」との声明を発表した。米国がすみやかに声明を発表したことから、今回の合意は米国の意向に沿った動きとの見方もある。ただし、
日韓両国の有権者に対する説明が十分されなかった場合、支持率低下につながる可能性があり、今後の動向に注目か。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均