市場ニュース

戻る
2015年12月29日11時15分

【材料】ファーストリテが続落、円安の影響と脱カジュアル化を懸念、目標株価を引き下げへ

ファストリ 【日足】
多機能チャートへ
ファストリ 【日中足】

 ファーストリテイリング<9983>が続落。株価は一時プラスに浮上する場面があったもののマイナス転換し、現在は前日終値と比べ小安い水準で推移している。

 国内大手のSMBC日興証券では、ファーストリテイリングのリポートを発行。目標株価を4万9000円から4万円に引き下げ、レーティングは「2」を継続としている。同証券のアナリストは11月の売り上げが低調な事、暖冬の影響を受けて業績懸念を示している。

 きょうは、しまむら<8227>がネガティブサプライズの業績下方修正で朝方売りが先行した。暖冬の影響で冬物衣料が不振だったことで、ユニクロの冬物衣料販売にも懸念が連想された格好になっているようだ。
《MK》

株探ニュース

日経平均