市場ニュース

戻る
2015年12月28日15時23分

【経済】ウイグル族弾圧批判の仏誌記者、中国政府がビザ更新認めず


中国外交部は26日、北京駐在の仏ニュース誌「ロブス」記者、ウルスラ・ゴーティエ氏について、記者用ビザの更新を認めない方針を明らかにした。ゴーティエ氏は今年11月、中国政府によるウイグル族弾圧を批判した記事を執筆していた。外電が同日伝えた。

当局はゴーティエ氏に対し、中国に残りたければ、これまでの一連の報道に関して公開謝罪を行うよう求めた。一方「ロブス」誌は、「当社記者が在留し、報道することを中国当局が認めないなら、中仏間の重大な事件に発展する」などと指摘。ゴーティエ氏を支持する姿勢を鮮明にした。

ゴーティエ氏は11月、中国政府がパリの同時テロ事件と、新疆ウイグル自治区での紛争やウイグル人への弾圧を関連付けようとしている??として、中国政府を批判する記事を執筆した。

中国当局の決定について、ジャーナリスト保護委員会(CPJ)など、世界の報道関係の権利保護団体が注目を寄せている。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均