市場ニュース

戻る
2015年12月28日14時23分

【材料】積水ハウスが小反発、国内有力証券は16年3月期営業利益は会社計画上回る1620億円を予想

積水ハウス 【日足】
多機能チャートへ
積水ハウス 【日中足】

 積水ハウス<1928>が小反発。朝方の買い一巡後に売り買い交錯となったものの、現在は小幅ながらプラス圏に浮上している。

 岩井コスモ証券は、同社の16年1月期第3四半期累計は2割を超える営業利益で受注も堅調に推移していると評価。継続的なコストダウンによる利益率の改善が進んでいること等から、16年1月期の業績は会社側の計画を上振れる公算が大きいと考え、同証券は16年1月期営業利益を前期比10.5%増の1620億円(会社計画は同9.1%増の1600億円)で最高益の更新が続くと予想している。

 同証券ではまた、利益の増額に伴って配当も増えると予想、安定成長に向けての事業ポートフォリオが整ってきたことや、積極的な株主還元姿勢も評価したいとの見解を示し、投資判断は最上位の「A」、目標株価2400円を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均