市場ニュース

戻る
2015年12月28日11時45分

【材料】sMedioが急伸、IoT機器やアプリケーション上で容易にHDビデオ、写真の再生を実現するSDKを開発

sMedio 【日足】
多機能チャートへ
sMedio 【日中足】

 sMedio<3913>が急伸、一時前週末比166円高の1680円まで買われている。同社は25日、米クアルコムの子会社「Qualcomm Atheros」のIoTスマート・メディア・プラットフォーム「Qualcomm AllPlay」とその開発環境である「Qualcomm AllPlay Click SDK」をもとにHD映像とデジタル写真の配信、再生や、インターネット経由でのリモートアクセスを可能にする拡張規格“Video Streaming SDK”の開発を行うことを発表した。

 今回の拡張規格は開発キットとして提供し、ハードウエアの開発メーカーやモバイルアプリ、サービス事業者はHDビデオ、デジタル写真のワイヤレス再生、コントロールに対応した製品の開発を容易に行うことが可能になる。さまざまなIoT機器やサービスに対し幅広い用途に対応、急速な発展が見込まれるIoT関連技術、製品開発を強化していく。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均