市場ニュース

戻る
2015年12月28日09時40分

【材料】シンバイオ製薬が続急伸、リゴサチブ注射剤のMDSを対象とした第3相国際共同試験を開始

シンバイオ 【日足】
多機能チャートへ
シンバイオ 【日中足】

 シンバイオ製薬<4582>が続急伸、一時前週末比75円高の302円まで買われている。同社はこの日、午前8時に抗がん剤「rigosertib(リゴサチブ注射剤)」の、低メチル化剤による治療において効果が得られない(HMA不応)または治療後に再発した高リスク骨髄異形成症候群(MDS:Myelodysplastic syndromes)患者を対象とした第3相国際共同試験を国内で開始したことを発表、これを好感する動き。今回の試験は、同剤のライセンサーである米国オンコノバ社が欧米の開発を担当し、シンバイオが国内での開発を担当する。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均