市場ニュース

戻る
2015年12月28日08時49分

【市況】【今日の相場見通し】本日の予想レンジ 18,700円~18,900円。 

 週末の欧米株式市場は、クリスマスで終日休場となり参考材料が少ないが、実質新年度入りとなり、節税のためにポジション整理も一段落することから、マーケットは概ね底堅い値動きとなる公算である。 ただ、先週相場の足枷となった円高基調は、為替市場にポジティブな材料が存在しないことから、ドルの下落が懸念され、対円で120円の大台を割り込むようだと、直近安値(18,562.51円)に迫る場面も想定される。

 テクニカル的には、依然下値を支えている75日移動平均線(18,793円前後)が、本日の取引でもサポートラインとして意識されるが、始値と終値の両方(ローソク足の実体)で割り込むと、心理的節目である18,500円近くまでの調整も視野に入ってくるだろう。

 新興市場のジャスダック平均は、今月に入ってからの売り圧力は1部市場より強く、ボリンジャーバンドの-2σ(2,574ポイント前後)をバンドブレイク(下抜き)するなど、浮上の兆しがまったく見えない状態であることから、本日も方向感の乏しい値動きから上値は重そうで、-2σ~-3σ(2,536ポイント前後)のレンジ内取引が推測される。マザーズ指数は、1週間の平均値である5日移動平均線(843ポイント前後)が上値抵抗となり、75日移動平均線(813ポイント前後)が目先の下値メドとなりそうだ。

 本日の予想レンジ 18,700円~18,900円。(ストック・データバンク 編集部)

【関連記事・情報】

日経平均