市場ニュース

戻る
2015年12月24日12時28分

【材料】日本電産、米系大手証券では中期成長力に対する期待に変化はないと解説

日電産 【日足】
多機能チャートへ
日電産 【日中足】

 日本電産<6594>が反発、買い一巡後は上値の重い展開。5日移動平均線あたりでは売り物がちとなり、現在は本日の安値圏で推移している。

 JPモルガン証券では、16年3月期第3四半期利益を大きく押し上げると期待していたハプティックデバイスは、出荷数量・収益性の両面で期待はずれと指摘。それでも、車載ビジネスは2018年~2019年モデルにおいて受注の積み上がりが続いているとの見方で、同社の中期成長力に対する期待に変化はないと解説。

 目標株価を1万2000円から1万1000円に引き下げているものの、レーティングは「オーバーウエイト」を継続している。
《MK》

株探ニュース




【関連記事・情報】

日経平均