市場ニュース

戻る
2015年12月22日18時07分

【為替】欧州為替:ドル軟調、ポジション調整の売り


欧州株が買い先行となったほか原油価格が下げ渋る展開のため、ドルにはリスク選好の買いが入りやすい。ただ、121円を割り込み、一時120円95銭まで下落。米利上げを背景に買いポジションが積みあがっていたため、足元はポジション調整のドル売りとみられる。ただ、120円台は押し目買い意欲が強いため、下げは限定的とみる。


欧州市場では、ドル・円は120円95銭から121円15銭、ユーロ・ドルは1.0905ドルから1.0928ドル、ユーロ・円は132円10銭から132円28銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均