市場ニュース

戻る
2015年12月22日01時24分

【為替】NY為替:ドル・円は121円02銭まで下落


 ドル・円は121円02銭まで下落し、ユーロ・ドルは1.0926ドルまで上昇しており、ドル売りが優勢になっている。


 21日発表の米国の11月シカゴ連銀全米活動指数が、プラス転換予想に反してマイナスとなったこと。NY原油先物1月限が一時34ドル割れとなり、下落が続いていることで、米国10年債利回りが低下し、ドルに売り圧力がかかっているもよう。NYダウは現在58ドル高で推移している。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均