市場ニュース

戻る
2015年12月21日08時13分

【材料】トライステージ---日本企業初のインドネシアにおけるテレビ通販支援事業開始

トライSTG 【日足】
多機能チャートへ
トライSTG 【日中足】


トライステージ<2178>は、インドネシアのテレビショッピングチャンネル向けディストリビューターである、PT MERDIS INTERNATIONAL(以下「MERDIS社」という)の株式26%を取得する株式譲渡契約を16日付で締結し、世界有数の高い成長が見込まれるインドネシアにおいてテレビ通販支援事業を開始した。

同社は、中期経営計画において、M&Aを主要戦略の1つにおき、100億円の投資枠を設定。また、海外事業については、2018年2月期に売上高55億円の目標を掲げて積極的な資本提携先開拓を進めている。

MERDIS社は2007年に設立され、インドネシアにおけるテレビ通販の黎明期からテレビショッピングチャンネル向けの卸売事業を展開している。MERDIS社の株式取得により、同社が持つテレビ通販のノウハウを提供することで、インドネシアでのテレビ通販支援事業をスムーズに拡大させたい考え。同社はこれまで、アジア市場の急速な成長を見込み、タイ、マレーシア、シンガポール、ベトナム、台湾にて日本企業の通販支援事業に取り組んでおり、インドネシアで6ヶ国目の海外進出となる。

また、同日付けでインドネシア最大級のメディアグループEMTEK(エムテック)傘下のテレビショッピングチャンネル運営会社エランプリマ社との業務提携を発表。これによって同国でのテレビ通販支援事業をより一層加速させるとしている。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均