市場ニュース

戻る
2015年12月18日15時08分

【材料】ヤクルトが大幅安、米系大手証券は中国販売や市場コンセンサス低下を警戒

ヤクルト 【日足】
多機能チャートへ
ヤクルト 【日中足】

 ヤクルト本社<2267>が大幅反落。米系大手証券では、10~11月の中国販売は伸び悩んだと推定して、16年度の中国の販売数量見通しを17%増から10%増へ引き下げ。国内の広告強化やエルプラットの販売低迷の影響もあるとみて、今後、市場コンセンサスの低下が予想されると解説。

 レーティング「イコールウエイト」を継続、目標株価を6200円から5500円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均