市場ニュース

戻る
2015年12月17日13時31分

【為替】東京為替:ユーロ売り一服、原油価格の値動きを注視


日経平均株価が上げ幅を縮小しリスク選好がやや後退するなか、ユーロ売りは一服。午後に1.0832ドルまで下げた後、足元は1.0850ドルまで小幅に値を戻した。原油先物ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が35ドル台まで下落していることから、リスク回避が意識されるとさらにユーロ買い・ドル売りに振れやすい見通し。


なお、ドル・円は122円21銭から122円64銭、ユーロ・ドルは1.0850ドルから1.0914ドル、ユーロ・円は132円80銭から133円40銭で取引された。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均