市場ニュース

戻る
2015年12月17日00時19分

【市況】【市場反応】米12月製造業PMI速報値、3年ぶり低水準でドル伸び悩む


 外為市場では米国の低調な製造業指標を受けてドルの高値圏でのもみ合いが続いた。ドル・円は121円85-90銭で伸び悩み、ユーロ・ドルも1.0930-35ドルで下げ止まった。


 民間のマークイットが発表した米12月製造業PMI速報値は51.3と、市場予想の52.6を下回り、11月の52.8から低下。活動の拡大と縮小の境目となる50を維持したものの2012年10月以降ほぼ3年ぶりの低水準となった。主要項目となる新規受注は50.5と景気後退終了直後の2009年9月以来で最低となった。

【経済指標】
・米・12月製造業PMI速報値:51.3(予想:52.6、11月:52.8)

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均