市場ニュース

戻る
2015年12月15日15時40分

【市況】日経平均は大幅続落、米FOMC控え様子見ムード強く300円超下落/相場概況


日経平均は大幅続落。14日の米国市場では、原油価格が上昇に転じたことなどを受けてNYダウは103ドル高で取引を終えた。ただ、為替相場がやや円高方向に振れたこともあり、シカゴ日経225先物清算値は18765円と軟調で、日経平均もこうした流れを受けて14円安からスタートした。寄り付き後はプラスに切り返す場面も見られたが、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見ムードが強く、じりじりと下げ幅を拡大する展開となった。後場も下げ止まりを見せず、下げ幅を300円超に広げ18600円を割り込んだ。

大引けの日経平均は前日比317.52円安の18565.90円となった。東証1部の売買高は20億6806万株、売買代金は2兆2806億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、パルプ・紙、その他製品、銀行業、海運業、機械が下落率上位だった。一方、空運業は小幅な下げにとどまった。

個別では、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>、三井住友<8316>、ソフトバンクグ<9984>など売買代金上位は全般軟調。任天堂<7974>が4%超下落したほか、旭化成<3407>は5%近い下げに。また、神栄<3004>、日本ハウスHD<1873>、アーレスティ<5852>などが東証1部下落率上位となった。一方、売買代金上位では、一部証券会社が投資評価を引き上げたNTT<9432>のみプラスを維持した。また、東芝<6502>の資産売却報道を受けて東芝テック<6588>が9%高となり、コア<2359>、フェリシモ<3396>などとともに東証1部上昇率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均