市場ニュース

戻る
2015年12月14日17時23分

【注目】【テーマ】中国の一人っ子政策廃止、その関連銘柄を考察


 


中国共産党が全ての夫婦について2人の子供を持つことを認める方針を示したと報じられた。「一人っ子政策廃止」との言葉から「出産制限が撤廃された」とイメージしがちであるが、実際には一人っ子政策から「二人っ子政策」に変更になっている。一般的に経済が成熟してくると出生率が低下する傾向があることから、今回の政策変更による経済的効果は限定的との声も聞かれる。一方で、中国では代理出産や人身売買、1億人とも言われる黒孩子(無戸籍者)の存在など、一人っ子政策に伴う暗部が以前から指摘されているほか、人口13億、GDP規模世界第2位の大国の人口動態に一定の変化をもたらす可能性があり、社会的影響は相応のものとみてよかろう。中国では毎年1600万人の子供が生まれており、政策変更によって今後どこまで増えるかに関心が集まると予想する。ベビー用品やベビー食品を扱う企業のほか、人口が急激に増えることから、教育サービス不足などが考えられ、これら関連銘柄に注目したい。

<3861> 王子HD 中国で紙おむつ生産、マレーシアでも現地企業を買収
<3880> 大王製紙 中国、タイで紙おむつ生産、インドネシアで工場を建設
<4114> 日本触媒 紙おむつの原料となる高吸水性樹脂SAPで世界トップ
<4183> 三井化学 紙おむつの材料となる不織布を生産
<4452> 花王   紙おむつ「メリーズ」は中国人のメジャーな爆買い対象
<4534> 持田製薬 赤ちゃんの沐浴剤「スキナベーブ」を製造
<6279> 瑞光   紙おむつ製造機械を取り扱っており商機拡大の可能性
<6952> カシオ計算機 デジタル楽器など扱う、中国にも進出
<7865> ピープル 乳幼児向けの玩具メーカー、知育分野に展開中
<7951> ヤマハ  楽器メーカーのなかでも早くから中国に進出
<7952> 河合楽器 中国でピアノなど楽器の生産を手掛ける
<7956> ピジョン ベビー用品の国内最大手で中国需要増加の恩恵を享受へ
<8113> ユニチャーム 競合他社に先駆け中国進出、プレミアム紙おむつが好調
<9783> ベネッセHD 中国で幼児向けを中心とした通信教育講座を展開
<9967> 堺商事  紙おむつ原材料である高吸水性樹脂SAPを取り扱う

《NO》

 提供:フィスコ

日経平均