市場ニュース

戻る
2015年12月14日14時33分

【市況】14時30分時点の日経平均は411円安、日産は下げ幅を縮める


14時30分時点の日経平均は先週末比411.14円安の18819.34円。後場は18800-18900円のレンジ内での値動きと、やや落ち着きをみせている。また、マザーズ指数、ジャスダック平均もこう着感の強まる展開に。上海総合指数は0.4%高で推移。

売買代金上位30銘柄は全面安。上昇銘柄はJT<2914>のみだが、仏政府と「停戦」合意が報じられた日産<7201>が下げ幅を縮め0.2%安で推移。一方、ファーストリテ<9983>、アルプス電<6770>の戻りは鈍く、終日安値圏での推移となっている。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均