市場ニュース

戻る
2015年12月14日09時54分

【為替】東京為替:ドルは120円85銭近辺で推移、株安でもリスク回避の円買いは拡大せず


ドル・円は120円85銭近辺で推移。日経平均株価は530円安で推移しているが、米国の利上げペースが多少速まる可能性は残されており、15-16日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合結果が判明するまでは、主要通貨の為替取引はやや動意薄の状態が続く可能性がある。なお、原油安はドル反発を抑える要因として意識されている。ここまでのドル・円は120円64銭から121円17銭で推移。


ユーロ・ドルはもみあい、1.0968ドルから1.0994ドルで推移。

ユーロ・円は強含み、132円49銭から133円11銭で推移。

■今後のポイント
・日経平均株価の下げ幅拡大もリスク回避的な円買いは限定的
・米FOMC会合の結果判明までは様子見を続ける投資家が多い

・NY原油先物(時間外取引):高値35.69ドル 安値35.36ドル 直近値35.51ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均