市場ニュース

戻る
2015年12月11日13時17分

【為替】東京為替:ドル122円台を維持、原油安より米利上げがテーマに


日経平均株価の堅調地合いが続き、19200円台を推移していることから、ドル・円は底堅い値動きとなっている。足元は122円10銭台。原油安に伴うリスク回避よりも来週の米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げの方にテーマが意識されており、ドル買いに振れやすいとみられている。


なお、ドル・円は121円56銭から122円23銭、ユーロ・ドルは1.0927から1.0948ドル、ユーロ・円は、133円60銭から133円63銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均