市場ニュース

戻る
2015年12月10日15時36分

【市況】日経平均は大幅に3日続落、原油安や円高受け売り優勢も19000円台は維持(訂正)/相場概況


下記のとおり修正します。
(誤)北海電力<8509>
(正)北海電力<9509>

日経平均は大幅に3日続落。9日の米国株式市場では寄り付き後から買いが広がったものの、午後になって原油相場が下落に転じ、NYダウも終値で75ドル安となった。為替相場は1ドル=121円台まで円高方向に振れており、こうした流れを受けて日経平均は231円安からスタートした。大引け直前に19025.78円(前日比275.29円安)まで下落する場面があったが、大型株への押し目買いの動きもあり19000円台を維持した。日中値幅は100円弱で、明日のSQ(特別清算指数)算出を控えこう着感の強い展開となった。

大引けの日経平均は前日比254.52円安の19046.55円となった。東証1部の売買高は18億6561万株、売買代金は2兆1913億円だった。業種別では、ゴム製品が2%超下げたほか、その他金融業、精密機械、小売業が下落率上位だった。一方、上昇したのは鉱業、電気・ガス業など4業種のみだった。

個別では、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、ソフトバンクグ<9984>、みずほ<8411>など売買代金上位は全般軟調。ファーストリテ<9983>やファナック<6954>が2%を超える下げで指数を下押しした。また、浜ゴム<5101>が7%超の大幅下落となり、東亜ディーケー<6848>、東建コーポ<1766>などとともに東証1部下落率上位となった。一方、東京海上<8766>が切り返したほか、東芝<6502>もプラスを確保した。原油安や円高などを受けて電力株が買われ、北海電力<9509>は3%高に。また、米社と創薬プログラムのライセンス契約を締結したキョーリンHD<4569>が10%を超える上昇となり、リニカル<2183>、TDCソフト<4687>などとともに東証1部上昇率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均