市場ニュース

戻る
2015年12月10日10時44分

【経済】(中国)上海総合は売り先行、人民元安が止まらず


10日の上海総合指数は売り先行。前日比0.08%安の3469.81ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時39分現在、0.12%安の3476.67ptで推移している。新規株式公開(IPO)再開に伴う需給悪化懸念が強まっているほか、人民元安の進行も警戒材料。元の対米ドル為替レートはきのう9日、オフショア市場で1米ドル=6.5元の大台を突破した。一方、政策期待が引き続き指数を下支えしている。また、中国政府が赤字体質の国営企業を清算する計画だと報じられている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均