市場ニュース

戻る
2015年12月09日14時04分

【為替】東京為替:人民元は弱含み、来年1ドル=6.7元台付近で反発か


ドル・人民元はこの1カ月間、6.37元から足元で6.42元まで下落し、人民元安基調が続いている。国際通貨基金(IMF)によるSDR採用を受け、人民元保有の拡大が見込まれることから、邦銀のある外為ディーラーは「このまま下落が続くとは想定しにくい」と話している。ただ、相場を読むことは難しく、「来年のある時点で6.7元付近まで下落してから反発するとみている投資家が多い」という。


なお、ドル・円は122円74銭から123円05銭、ユーロ・ドルは1.0879から1.0914ドル、ユーロ・円は、133円80銭から134円09銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均