市場ニュース

戻る
2015年12月09日13時36分

【材料】ディスコが小幅安、国内大手証券はInFO関連装置のほか受注モメンタム回復に期待

ディスコ 【日足】
多機能チャートへ
ディスコ 【日中足】

 ディスコ<6146>が朝方高い場面があったもののマイナス転換し、現在は前日終値と比べ小幅安で推移している。

 大和証券がディスコに対するリポートをリリース、株式市場での最近の注目ポイントは、次世代ハイエンドスマホ向けのパッケージ技術であるInFOにあったと考えると解説。また、InFO関連装置だけでなく、半導体チップの在庫調整終了に伴う同社の受注モメンタム回復に期待しているとの見解を示し、16年度は前年度比4%増収、8%営業増益を予想、レーティング「1」(買い)を継続し、目標株価は1万2000円から1万4000円へ引き上げられた。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均