市場ニュース

戻る
2015年12月09日08時29分

【市況】ボリバン-1σ、直近安値、基準線が目先的な目処/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 8日のNY市場は下落。中国の11月貿易統計が輸出入ともに前年水準を下回り、中国経済への警戒感が強まったほか、石油輸出国機構(OPEC)による減産見送りを受けて、原油相場に下げ止まりの兆しが見られないことから、軟調推移となった。ダウ平均は162.51ドル安の17568.00、ナスダックは3.57ポイント安の5098.24。シカゴ日経225先物は大阪比100円安の19390円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好から、売り優勢の展開となろう。ボリンジャーバンドの-1σが19300円辺り、11月16日の直近安値が19252円辺りであり、目先的な下げの目処となりそうだ。一目均衡表では基準線が19326円に位置しており、これも目処として意識されやすい。ただし、この水準での底堅さが意識されてこないようだと、13週線辺りが意識されてくるため、先行き19000円割れを警戒する必要が出てくる。19200-19500円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 19500円-下限 19200円

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均