市場ニュース

戻る
2015年12月08日19時38分

【為替】欧州為替:ポンド売り優勢、原油安受けたリスク回避の円買い


原油価格が6年超ぶりの安値圏に下落していることから、ポンド売りが強まっている。また、リスク回避の円買いの流れとなっており、ポンド・円は184円50銭付近まで下落している。なお、18時半に発表された経済指標の内容は、相場への影響は限定的。英・10月鉱工業生産指数は前月比で予想通り。一方、製造業生産指数は前月比で予想を下振れ。ともに9月分は上方修正された。

・英・10月鉱工業生産指数:前月比+0.1%(予想:+0.1%、9月:0.0%←-0.2%)
・英・10月製造業生産指数:前月比-0.4%(予想:-0.2%、9月:+0.9%←+0.8%)


欧州市場では、ドル・円は123円00銭から123円18銭、ユーロ・ドルは1.0841ドルから1.0882ドル、ユーロ・円は133円48銭から133円88銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均