市場ニュース

戻る
2015年12月08日14時19分

【市況】国内大手証券、2016年の日経平均は1万8000円から2万2000円のレンジで推移すると予想

 みずほ証券のテクニカルリポートでは、16年の日経平均は1月中旬頃に15年高値2万868.03円を超えた後に反落し、2月末頃に安値を形成すると指摘。3月以降は再び上昇局面、6月頃に16年高値を形成するとみて、8~9月頃は大きな下落局面になり16年安値を形成、11~12月は上昇すると解説。
 2万2000円が上値めど、1万9000円や1万8000円が下値めどになるとみて、16年は1万8000円から2万2000円のレンジで推移すると予想している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均