市場ニュース

戻る
2015年12月08日13時43分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民主・蓮舫議員:年度内に使い切れずに基金にも積まれているが子どもの貧困対策基金はない


民主党の蓮舫議員は「安倍総理はこの3年、補正予算で20兆円も計上。内、年度内に使い切れずに基金にも積まれているが子どもの貧困対策基金はない。なぜ、民間寄付に頼るのか。しかも、寄付が低調とのこと。民間ではなく国が他の基金よりも優先して対策を講じるべきだ」とツイート(12/7)

一部報道によると、10月1日に立ち上げられた民間基金の「子どもの未来応援基金」は
11月末日現在で300万円の寄付にとどまっているようだ。この基金は「夢をつむぐ子育て支援」として掲げたもので貧困対策に力を入れるNPO法人などへの助成事業に活用される。本来は政府が予算を計上すべきだが、民間基金の寄付が2カ月で300万円しか集まっていないことは寄付が集まらない特別な事情があるとみられる。介護と貧困対策で大きな
動きがあれば、株式市場でもそれなりの反応がみられるはずだ。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均