市場ニュース

戻る
2015年12月05日07時33分

【為替】NY為替:ドル・円は123円12銭、米11月雇用統計受け年内利上げほぼ確定的に


 4日のニューヨーク外為市場でドル・円は、122円74銭から123円38銭へ上昇し123円12銭で引けた。予想を上回った米11月雇用統計を受けて、年内の利上げがほぼ確実との見方が強まり、ドル買いが再燃した。


 ユーロ・ドルは、1.0951ドルから1.0836ドルへ下落して1.0876ドルで引けた。ドラギECB総裁が講演で、必要とあれば一段の手段を講じる方針を示したほか、「責務内であれば手段の限界はない」とのハト派発言を受けて、ユーロ売りが再燃した。ユーロ・円は、134円58銭から133円55銭へ下落した。


 ポンド・ドルは、1.5156ドルから1.5081ドルへ下落。ドル・スイスは、0.9955フランから1.0034フランへ上昇した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均