市場ニュース

戻る
2015年12月03日12時17分

【為替】東京為替:ドル底堅い、イエレン議長の発言受け買い安心感


3日の東京外為市場で、ドル・円は底堅い値動きとなった。米連邦準備制度理事会(FRB)議長による「タカ派」的な発言を受け、ドル買い安心感が広がった。


イエレンFRB議長が前日の講演で「利上げは米経済が景気後退から回復していることの証明」などと述べ、12月利上げに前向きなスタンスを示した。これを受け、ドル・円は123円67銭まで上昇。その後は利益確定売りで、米国市場の上昇分を帳消しにしたが、東京市場ではドル買い安心感が広がり、底堅い値動きとなった。


上海総合指数がプラス圏で推移していることから、午後の取引も引き続きドル買いが続く見通し。ただ、日経平均株価が弱含んだほか、ランチタイムの日経平均先物がさえない値動きのため、上値が重くなりそうだ。


なお、ユーロ・ドルは伸び悩み、1.0594ドルから1.0618ドルで推移。また、ユーロ・円はもみあい、130円64銭から130円87銭で推移。

【経済指標】
・豪・10月貿易収支:-33.05億豪ドル(予想:-26億豪ドル、9月:-23.17億豪ドル)
・中・11月財新サービス業PMI:51.2(10月:52.0)

【要人発言】
・英政府
「英空軍、シリアで対IS空爆へ」

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均