市場ニュース

戻る
2015年12月02日09時32分

【市況】日経平均は54円安でスタート、節目の回復でいったんは利益確定の流れ/寄り付き概況


日経平均 : 19957.50 (-54.90)
TOPIX  : 1600.88 (-1.07)

[寄り付き概況]

 日経平均は反落して始まった。昨日はインデックス買いの影響から約3ヵ月半ぶりに節目の2万円を回復した。節目の2万円回復、8月の下落局面で空けたマド(20033-19737円)をほぼ埋めてきており、いったんは利益確定といった流れに。

 セクターでは保険、不動産、建設、電力ガス、空運、その他金融、鉱業、医薬品、銀行、鉄鋼などが堅調。一方で、パルプ紙、海運、倉庫運輸、精密機器、機械、非鉄金属、電気機器、ガラス土石が小安い。

 売買代金上位では、メガバンク3行がしっかり。トヨタ<7203>、ファナック<6954>、キーエンス<6861>、シャープ<6753>、新日鉄住金<5401>、ユーグレナ<2931>が堅調。半面、アルプス<6770>、ソニー<6758>、ミネベア<6479>、村田製<6981>、ファーストリテ<9983>が冴えない。規模別指数では大型、中型株指数が小幅に上昇。小型株指数は小幅に下げている。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均