市場ニュース

戻る
2015年12月01日18時16分

【為替】欧州為替:ユーロは買い先行、独失業率の低下を好感


欧州株がまちまちのなか、ユーロは買い先行。ユーロ・ドルは1.0619ドルまで、ユーロ・円は130円59銭までそれぞれ上昇し、日中高値を上抜けた。17時55分に発表された独・11月失業率は6.3%と予想、前月の6.4%を下回り、雇用情勢が改善したことが好感された。ただ、ユーロ・円は円買い圧力が強まっていることから、上昇は限定的となろう。

・独・11月失業率:6.3%(予想:6.4%、10月:6.4%)


欧州市場では、ドル・円は122円84銭から123円01銭、ユーロ・ドルは1.0578ドルから1.0619ドル、ユーロ・円は129円99銭から130円59銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均