市場ニュース

戻る
2015年12月01日13時32分

【市況】13時30分時点の日経平均は190円高、NTTドコモ、村田製、ファナックが堅調


13時30分時点の日経平均は前日比190.43円高の19937.90円。後場やや下げ幅を縮めてスタートしたものの、再びじりじりと上げ幅を広げている。ただ値動きには乏しく、後場の値幅は27円に留まっている。日経平均が堅調ななか、マザーズ指数、ジャスダック平均もしっかり。

業種別では、電気・ガス、鉄鋼が2%を超える一方で、倉庫・運輸、水産・農林の2業種のみマイナスとなっている。売買代金上位銘柄では、NTTドコモ<9437>、村田製<6981>、ファナック<6954>が後場に入って今日の高値を更新する堅調な値動き。一方、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>がマイナス圏とさえない。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均