市場ニュース

戻る
2015年12月01日10時13分

【材料】住友化が3日ぶり反発、立花証が「強気」継続で週足GC示現が目前

住友化 【日足】
多機能チャートへ
住友化 【日中足】

 住友化学<4005>が3日ぶり反発。中期波動でも13週・26週移動平均線のゴールデンクロス示現が急接近しており注目場面を迎えている。立花証券が11月30日付で同社株のレーティングを「強気」継続(目標株価は850円)でフォローしている。同社は原油安を背景に石化事業が好調なほか、農薬も収益貢献し、会社側では10月30日に16年3月期の営業利益を1450億円から1550億円に上方修正しているが、立花証券では一段の上振れを見込む。石化事業などの見積もりが依然保守的として、同証券では前期比25.6%増益の1600億円を予想しており、株高を支援する格好となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均