市場ニュース

戻る
2015年11月30日10時45分

【経済】(中国)上海総合は続落でスタート、IMFがSDR構成通貨の見直し結果を発表へ


30日の上海総合指数は続落でスタート。前日比0.07%安の3433.86ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時37分現在、0.31%安の3425.49ptで推移している。前営業日の急落を受けた反動から一時プラス圏を回復する場面もあったが、その後は再びマイナスに転落している。証券業界に対する違法取引調査を強化していることが引き続き指数の上値を抑えている。また、明日12月1日に11月の製造業購買担当者指数(PMI)が発表されるため、慎重ムードも強い。一方、国際通貨基金(IMF)はきょう30日、特別引出権(SDR)構成通貨の見直し結果を公表する予定となり、人民元の組み入れ期待が高まっている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均