市場ニュース

戻る
2015年11月27日16時46分

【材料】トクヤマが自社保有ビル売却で約40億円の固定資産売却益を計上

トクヤマ 【日足】
多機能チャートへ
トクヤマ 【日中足】

 トクヤマ<4043>は27日取引終了後、固定資産の売却とそれに伴い16年3月期第4四半期に特別利益を計上することを発表した。同社は、15年7月に策定した17年度を最終年度とする「中期経営計画2017」で、重点課題として財務基盤の再建を掲げており、今回の売却もその一環。売却するのは東京都港区のトクヤマビルで現在は自社で使用している。譲渡益は概算で約40億円となり、固定資産売却益を特別利益として計上する予定。契約締結日は12月3日、物件引渡日は16年3月31日。業績への影響は現在精査中であり、通期業績予想に修正が生じる場合には速やかに開示する方針。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均