市場ニュース

戻る
2015年11月27日16時09分

【特集】モバファク Research Memo(10):中長期的にはO2Oの取り組み積極化により更なる成長を目指す


■中長期的な成長に向けた2016年12月期以降の取り組み

モバイルファクトリー<3912>は中期経営計画を策定していないため、具体的な数値目標はないが、特定のモバイルサービスで日本一、世界で愛されるサービスの実現、世界で活躍するネット企業になること目標として掲げている。

この実現に当たり、短期的には位置ゲーム、特に「駅メモ!」に注力。具体的には、プロモーションの一段の強化によるユーザー数の増加を図り、イベントや機能改善等を行うことで既存/新規ユーザーの定着率の向上を進め、位置ゲームで日本一の企業になることを目標にしている。

中長期的には既存の協業先と継続的にイベントを実施することや未開拓のウエルネス/小売等の事業者などの新規開拓を行うなどによりO2Oの取り組みを積極化し、地域振興の分野で更なる成長を目指す。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正)

《RT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均