市場ニュース

戻る
2015年11月27日09時10分

【材料】郵政3社は高安まちまち、きょうの売買から貸借銘柄に選定

日本郵政 【日足】
多機能チャートへ
日本郵政 【日中足】

 日本郵政<6178>、ゆうちょ銀行<7182>、かんぽ生命保険<7181>の郵政3社は高安まちまち。日本郵政とゆうちょ銀は弱含みもみ合いだが、かんぽ生命は買いが先行している。東京証券取引所は3社を27日売買分から貸借銘柄に選定すると発表、投資家は信用取引を使った空売りがしやすくなることから、売買活性化につながる。今月4日にそろって東証1部に上場したが、これまでは制度信用銘柄指定で信用取引を使った売りはしにくかった。空売りの動きが強まれば株価には下げ圧力が働くが、年末にかけNISA枠を使った個人投資家の買い需要や指数連動型ファンドの機関投資家の組み入れ需要が見込まれるなか、株価面にマイナスの影響は限定的との見方が強いようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均