市場ニュース

戻る
2015年11月26日15時34分

【市況】2016年為替見通し、FX投資家は1ドル=110円までの円高・ドル安トレンド変化に注意

 26日は米国感謝祭で休場、重要な経済市場の発表も無いことから外国為替市場は動意に乏しい展開となることが予想されるものの、相場を動かす材料は地政学的リスクと想定されている。
 JPモルガン証券が「2016年円相場見通し」をリポートで発表した。同証券のストラテジストは、ドル高・円安相場→円高・ドル安トレンドに転換すると予想。2016年後半は米国利上げ継続にも関わらずドルが下落して、年末のドル・円レートは1ドル=110円と予想している。
 同証券の2016年末の主要通貨レート予想は、ドル・円=110円、ユーロ・ドル=1.13ドル、ユーロ・円=124円となっており、来年はアベノミクスから始まった円安が円高にトレンドが変わる年となりそうで、FX投資家は今までのトレンドから相場の変化に注意が必要となりそうだ。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均