市場ニュース

戻る
2015年11月26日10時21分

【材料】<前場の注目銘柄>=相鉄HD、訪日客増でホテル事業好調

相鉄HD 【日足】
多機能チャートへ
相鉄HD 【日中足】

 相鉄ホールディングス<9003>の戻り一服局面は拾い場と考えたい。

 足もとはインバウンド消費の拡大を背景にホテル事業が好調だ。フレッサイン既存店の伸長に加えて、昨年9月買収のホテルサンルートの効果もあり、9月中間期の事業営業利益は前年同期比2.2倍の23億8100万円に増加した。また、営業利益の約半分を占める不動産も賃貸・分譲とも順調に推移している。

 今後は主要賃貸施設が集中する横浜駅西口の再開発や、JR東日本、東急との都心相互直通で利便性向上が期待できる海老名での「ららぽーと海老名」開業およびマンション開発による鉄道旅客数増加なども寄与しよう。16年3月期予想は再増額修正が有力だ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均